Screen Shot 2014-10-02 at 7.46.16 PM

[iOS]スマートフォンでオープニングアニメーション作りたくてユニティ使ってみたメモ

[iOS]スマートフォンでオープニングアニメーション作りたくてユニティ使ってみたメモもう出来上がってるアプリのオープニングだけユニティにしたくて、ググって見つけたiOS Bridgeってプラグインを使う!

Assets Storeから iOS Bridgeをダウロード

ダウンロードした iOSBridge > READEME.md の手順

Documentation > Quick start > Unity

  1. iOSBridge sceneを開く
  2. Build settingsを開いてiOSを選ぶ
  3. Player settings でアプリケーション名などを設定
  4. Scenes In BuildでiOSBridge sceneを一番上に移動
  5. プロジェクトをビルド

Documentation > Quick start > Xcode

  1. 生成したプロジェクトファイルを開く
  2. main.mmファイルを開いててAppControllerClassNameを更新
    const char* AppControllerClassName = "UnityAppController";

    const char* AppControllerClassName = "iOSBridgeAppDelegate";
  3. UIKitAppDelegate.mファイルを開いて
    - (BOOL)application:(UIApplication *)application didFinishLaunchingWithOptions:(NSDictionary *)launchOptions;
    にルート UIVewコントローラーを追加
  4. 実機でビルド

困った (´・ω・`)

  1. XcodeでワーニングのValidate Project Settings > Perform Changes を選択するとリンカエラーが発生。
  2. CocoaPodsを使おうとするとリンカエラーが発生。
  3. Unityでビルドしてリプレイスすると、プロジェクトファイルが初期化されて、クラスやライブラリもなくなってしまう><
  4. しょうがないので、また手作業でひとつひとつ、クラスやライブラリを追加、設定していく。
  5. そしてループにハマる。。
  6. build missing symbol for _clock$UNIX2003 が発生するので、main.mm に コードを追加
    • #include <time.h>
      extern "C"
      {
          clock_t
          clock$UNIX2003(void) {
              return clock();
          }
      }
      
  7. ARCサポートをクラス毎に選んでコンパイルフラッグを立ててく
    • Targets > Build Phases > Compile Sources > -fobjc-arc フラグを立てる
  8. Objective C の例外処理を有効にする
    • Targets > Build Setting > Apple LLVM 6.0 - Language - Modules > Enable Objective-C Exceptions > YES
  9. Game Centerを有効にする
    • Targets > Capabilities > Game Center > On
  10. プロライセンスがないのにスプラッシュを変えたら動かなくなった Σ(゚Å゚)
  11. ユニティでビルドをやりなおす << いまココ

参考サイトさま:

About the author
  • コメントを残す