Add-App-IDs-iOS-Provisioning-Portal-Apple-Developer-252820120331-2529

[iOS] アプリ内課金 (In App Purchase) のデプロイ

[iOS] アプリ内課金 (In App Purchase) のデプロイ

iPhoneアプリ組み込み型課金のデプロイ手順

In App PurchaseをデプロイするにはiOS Dev Center内の2つ画面とXCodeでアプリの設定が必要になります。今回はコードはなく手順だけを書き起こしていますが、課金テストするにも、各アプリ情報やスクリーンショットなどの登録が必要になるので参考なればと思います。

『作業環境』:iOS Dev Center > iOS Provisioning Portal

  1. Certificates、Devices
    既存のCertificatesとDevicesが利用可能
  2. App IDs
    3点の項目を設定しApp IDを作成。ここで設定する「Bundle Identifier」はiTunes Connectで作成するアプリの「Bundle ID」と同一になる。
    App IDはウェブ上で消去や更新ができないので、几帳面な人は予めファイル名の命名規則を用意しておくのがよいと思います。

    • Description
    • Bundle Seed ID (App ID Prefix)
    • Bundle Identifier (App ID Suffix)
  3. Provisioning
    4点の項目を設定しDevelopment  Provisioning Profilesを作成。「App ID」は前段で登録した「App ID」の値を指定

    • Profile name
    • Certificates
    • App ID
    • Devices

『作業環境』:Xcode4.2とデバイス

  1. Organizer
    Provisioning ProfilesをダウンロードしダブルクリックでXCodeにインストール、またデバイスへProvisioning Profilesを転送
  2. Targets > Summary > iOS Application Target > Identifier
    「Identifier」をApp IDの「Bundle Identifier」と同一にする
  3. Project > Build setting > Code Signing
    「Code Signing」にインストールしたiPhone Developerの「Provisioning Profiles」を指定

『作業環境』:iOS Dev Center > iTunes Connect

    1. Contracts, Tax, and Banking
      会計情報を登録

      • Contact Info
      • Bank Info
      • Tax Info
    2. Manage Users
      検証用のTest Userアカウントを作成。検証時はApple IDにこのアカウントを使用する

      • First Name
      • Last Name
      • Email Address
      • Password
      • Confirm Password
      • Secret Question
      • Secret Answer
      • Date of Birth
      • Select iTunes Store
    1. Manage Your Applications
      アプリと課金アイテムを用意する

    • Add new app
      アプリを追加しステータスを「Prepare for Upload」にする
      ※参照先:最速でアイフォンアプリを公開するまとめ - Development iPhoneアプリの作成
    • App Information > Manage In-App Purchases
      追加アプリの「Manage In-App Purchases」で課金アイテムを作成する、ステータスは「Ready to Submit」。「Product ID」が送信リクエストの「initWithProductIdentifiers」の値と同一になる

      • Reference Name
      • Product ID
      • Language
      • Pricing and Availability
      • Screenshot for Review (640x920 pixels)
    • App Information > View Details
      追加アプリの「View Details」 In-App Purchasesの欄に作成した課金アイテムを設定。ここでの表示は「Reference Name」になる

2012年3月31日の段階ではこの手順でデプロイできましたが、これまで何度か細かい仕様変更などが行われているので、また今後も設定方法が変更になる可能性がありそうです。私がつまづいたところには、Contracts, Tax, and Banking での会計情報の未登録や、アプリのバイナリや課金アイテムのレビューを送信してしまい待ち状態になってしまっていたこと、それとinitWithProductIdentifiersの値にBundle Identifierを含めるかなどの箇所がありました。

参考サイト様:

以上、ご参考までで。 Posted : Round up

About the author
  • コメントを残す