[Hadoop] [API] [翻訳] Class JobHistory.JobInfo

[Hadoop] [API] [翻訳] Class JobHistory.JobInfoorg.apache.hadoop.mapred

Class JobHistory.JobInfo

java.lang.Object
└ org.apache.hadoop.mapred.JobHistory.JobInfo

実装しているインターフェース
Runnable

周囲クラス
JobHistory

public static class JobHistory.JobInfo
extends Object

ロギング、またはリーディングバックイベントに関連したジョブの開始や終了、失敗のためのヘルパークラス


コンストラクタ

JobHistory.JobInfo
JobHistory.JobInfo(String jobId)
新規JobInfoを作成

メソッド

static String decodeJobHistoryFileName(String logFileName)
ジョブヒストリログファイルのファイルネームURLをデコードするヘルパー関数

static String encodeJobHistoryFileName(String logFileName)
ジョブヒストリーログファイルのファイルネームURLをエンコードするヘルパー関数

static String encodeJobHistoryFilePath(String logFile)
ジョブヒストリーログファイルのパスURLをエンコードするヘルパー関数

String get(JobHistory.Keys k)
キーから文字列の値を取得する

Map getAllTasks() 全てのマップとリデュースタスクを返す

int getInt(JobHistory.Keys k) ヒストリーの整数と返り値から値を変換する

Map getJobACLs() JobACLを取得

static String getJobHistoryFileName(JobConf jobConf, JobID id) ヒストリーフォルダからジョブのファイルネームを復元

static Path getJobHistoryLogLocation(String logFileName) ファイルネームからジョブヒストリのファイルパスを取得

static Path getJobHistoryLogLocationForUser(String logFileName, JobConf jobConf) ユーザージョブヒストリのファイルパスを取得

static String getLocalJobFilePath(JobID jobId) ローカルに格納されたジョブファイルのパスを取得

long getLong(JobHistory.Keys k) ヒストリの整数値と返り値から値を変換

static String getUserName(JobConf jobConf) ジョブ設定からユーザーネームを取得

Map getValues() 全てのキーバリューに含まれるマップを返す

void handle(Map values) ヒストリーから戻り値読み込む、入力はparseHistory()によっていくつかのマップがリスナーへ渡す

static void logFailed(JobID jobid, long timestamp, int finishedMaps, int finishedReduces, String failReason) 失敗したジョブのイベントログ

static void logFinished(JobID jobId, long finishTime, int finishedMaps, int finishedReduces, int failedMaps, int failedReduces, Counters mapCounters, Counters reduceCounters, Counters counters) 終了したジョブのログ

static void logInited(JobID jobId, long startTime, int totalMaps, int totalReduces) ジョブの実行時間のログ

static void logJobInfo(JobID jobid, long submitTime, long launchTime)
static void logJobInfo(JobID jobid, long submitTime, long launchTime, int restartCount) 非推奨:代替にlogJobInfo(JobID, long, long)を使用

static void logJobPriority(JobID jobid, JobPriority priority) ジョブの優先情報のログ

static void logKilled(JobID jobid, long timestamp, int finishedMaps, int finishedReduces) ジョブの強制終了のイベントログ

static void logStarted(JobID jobId) ジョブの実行中ログ

static void logStarted(JobID jobId, long startTime, int totalMaps, int totalReduces) 非推奨:logInited(JobID, long, int, int) と logStarted(JobID)を使用

static void logSubmitted(JobID jobId, JobConf jobConf, String jobConfPath, long submitTime) 非推奨:代替にlogSubmitted(JobID, JobConf, String, long, boolean) を使用

static void logSubmitted(JobID jobId, JobConf jobConf, String jobConfPath, long submitTime, boolean restarted)
static Path recoverJobHistoryFile(JobConf conf, Path logFilePath) 2つのファイルが生成した復元パーツのひとつを選択

void set(JobHistory.Keys k, String s) キーの値を設定

void set(Map m) マップの値である引数に含まれる全ての値を追加

Methods inherited from class java.lang.Objectclone, equals, finalize, getClass, hashCode, notify, notifyAll, toString, wait, wait, wait


コンストラクタ詳細

JobHistory.JobInfopublic JobHistory.JobInfo(String jobId)
新規JobInfoを作成

メソッド詳細

getAllTaskspublic Map getAllTasks()
全てのマップとリデュースタスクを返す

getJobACLspublic Map getJobACLs()
JobACLを取得
Returns:
JobACLからAccessControlListへひとつのマップを返す

handlepublic void handle(Map values)
ヒストリーから戻り値読み込む、入力はparseHistory()によっていくつかのマップがリスナーへ渡す

getLocalJobFilePathpublic static String getLocalJobFilePath(JobID jobId)
ローカルに格納されたジョブファイルのパスを取得
Parameters:
jobId - id of the job
Returns:
ファイルネームからジョブヒストリのファイルパスを取得

encodeJobHistoryFilePathpublic static String encodeJobHistoryFilePath(String logFile) throws IOException
ジョブヒストリーログファイルのパスURLをエンコードするヘルパー関数
Parameters:
ジョブヒストリーログファイルのパス
Returns:
URLエンコーディングパス
Throws:
IOException

encodeJobHistoryFileNamepublic static String encodeJobHistoryFileName(String logFileName) throws IOException
ジョブヒストリーログファイルのファイルネームURLをエンコードするヘルパー関数
Parameters:
logFileName - file name of the job-history file
ジョブヒストリーログファイルネーム
Returns:
URLエンコーディングファイルネーム
Throws:
IOException

decodeJobHistoryFileNamepublic static String decodeJobHistoryFileName(String logFileName) throws IOException
ジョブヒストリログファイルのファイルネームURLをデコードするヘルパー関数
Parameters:
ジョブヒストリーログファイルネーム
Returns:
URLデコードファイルネーム
Throws:
IOException

getUserNamepublic static String getUserName(JobConf jobConf)
ジョブ設定からユーザーネームを取得

getJobHistoryLogLocationpublic static Path getJobHistoryLogLocation(String logFileName)
ファイルネームからジョブヒストリのファイルパスを取得

getJobHistoryLogLocationForUserpublic static Path getJobHistoryLogLocationForUser(String logFileName, JobConf jobConf)
ユーザージョブヒストリのファイルパスを取得

getJobHistoryFileNamepublic static String getJobHistoryFileName(JobConf jobConf, JobID id) throws IOException
ヒストリーフォルダから下記パターンでジョブのファイルネームを復元する
$jt-hostname_[0-9]*_$job-id_$user_$job-name*
Parameters:
jobConf - the job conf
id - job id
Throws:
IOException

recoverJobHistoryFilepublic static Path recoverJobHistoryFile(JobConf conf,Path logFilePath) throws IOException
2つのファイルが生成した復元パーツのひとつを選択。常に古いファイルを選択する。この呼出は1つのファイルだけが残ることを確認します。
Parameters:
conf - job conf
ログファイルのパス
Throws:
IOException

logSubmitted@Deprecated
public static void logSubmitted(JobID jobId,JobConf jobConf,String jobConfPath,long submitTime) throws IOException
非推奨:代替にlogSubmitted(JobID, JobConf, String, long, boolean) を使用
ヒストリにログジョブのイベント送信、ジョブのためにヒストリから新規ファイルを生成。もし、ヒストリファイルが生成を失敗した場合、すべてのイベントのヒストリは無効になる
Parameters:
ジョブトラッカーに割り当てられたジョブID
ジョブの構成
HDFS上のジョブの構成XMLファイルのパス
ジョブトラッカーがジョブを受けた時間
Throws:
IOException

logSubmittedpublic static void logSubmitted(JobID jobId,JobConf jobConf,String jobConfPath,long submitTime,boolean restarted) throws IOException
Throws:
IOException

logInitedpublic static void logInited(JobID jobId,long startTime,int totalMaps,int totalReduces)
ジョブの実行時間のログ
Parameters:
ジョブトラッカーに割り当てられたジョブID
ジョブの開始時間
ジョブトラッカーにより割り当てられた合計マップ
合計リデュース

logStarted@Deprecated
public static void logStarted(JobID jobId,long startTime,int totalMaps,int totalReduces)
非推奨:logInited(JobID, long, int, int) と logStarted(JobID)を使用
ジョブの実行時間のログ
Parameters:
ジョブトラッカーに割り当てられたジョブID
ジョブの開始時間
ジョブトラッカーにより割り当てられた合計マップ
合計リデュース

logStartedpublic static void logStarted(JobID jobId)
ジョブの実行中ログ
Parameters:
ジョブトラッカーに割り当てられたジョブID

logFinishedpublic static void logFinished(JobID jobId,long finishTime,int finishedMaps,int finishedReduces,int failedMaps,int failedReduces,Counters mapCounters,Counters reduceCounters,Counters counters)
終了したジョブのログ
Parameters:
ジョブトラッカーに割り当てられたジョブID
ジョブの終了時間
成功したマップ数
成功したリデュース数
失敗したマップ数
失敗したリデュース数
ジョブのカウンター

logFailedpublic static void logFailed(JobID jobid,long timestamp,int finishedMaps,int finishedReduces,String failReason)
失敗したジョブのイベントログ
Parameters:
ジョブID
ジョブ失敗が検出された時間
終了したマップタスク数
終了したリデュースタスク数

logKilledpublic static void logKilled(JobID jobid,long timestamp,int finishedMaps,int finishedReduces)
ジョブの強制終了のイベントログ
Parameters:
ジョブID
ジョブ発行
ジョブ発行後、強制終了された時間
終了したマップタスク数
終了リデュースタスク数

logJobPrioritypublic static void logJobPriority(JobID jobid,JobPriority priority)
ジョブの優先情報のログ
Parameters:
jobid - job id
priority - Jobs priority

logJobInfo@Deprecated
public static void logJobInfo(JobID jobid,long submitTime,long launchTime,int restartCount)
非推奨:代替にlogJobInfo(JobID, long, long)を使用
ジョブ送信時間、起動時間
Parameters:
ジョブID
ジョブ送信時間
ジョブ起動時間
ジョブの再起動した回数

logJobInfopublic static void logJobInfo(JobID jobid,long submitTime,long launchTime)

getpublic String get(JobHistory.Keys k)
与えられるキーのための文字列を取得。最もプレイスが使用する文字列と値は標準でメソッドが返す文字列を取得する、メソッドはNULLをそれぞれのGUIに返すことはない。もし値が見つけられなければ、それは空の文字列
Parameters:
k -
Returns:
もしNULLなら空の文字列を返す

getIntpublic int getInt(JobHistory.Keys k)
ヒストリーの整数と返り値から値を変換、もし値が見つからない場合は0を返す
Parameters:
k - key

getLongpublic long getLong(JobHistory.Keys k)
ヒストリの整数値と返り値から値を変換、もし値が見つからない場合は0を返す
Parameters:
k -

setpublic void set(JobHistory.Keys k,String s)
キーの値を設定
Parameters:
k -
s -

setpublic void set(Map m)
マップの値である引数に含まれる全ての値を追加
Parameters:
m -

getValuespublic Map getValues()
Returns Map containing all key-values.

原文:
Class JobHistory.JobInfo (Hadoop 0.20.205.0 API)

不備や気づいた点ありましたらコメントいただけると助かります。

About the author
  • コメントを残す