risotto

集中したい人のための6割

集中したい人のための6割人生を左右する集中力を身に付けるのって実は簡単でした。

ここ一番に集中力を持ってきて、やる気を持続するようになるには実は食事を摂る時2つのことに気をつければよさそうです。

その2つとは、
1) 食事はスープ(お味噌汁)と野菜やきのこ、海藻をたくさんと糖質を多めに食べる
  カロリー比『糖質6:タンパク質2:脂質2』

2) 集中する時や就寝の2時間前には食事を摂らない

やる気を引き出し集中力をアップするには、狩りに向かう動物のように胃の中を空に近い状態になることがよいですが、長時間維持するためには脳が大量に消費するエネルギー、糖質の補給が更に重要になってきます。
しかし、糖質だけを吸収し体内の血糖値を上げても一時的で、また反動により急激に下がってしまうため、長く体内の循環を維持するには野菜とタンパク質、脂質の適当な補給が必要になってきます。その栄養のバランスが『糖質6:タンパク質2:脂質2:野菜たくさん』です。
このバランスで食事を摂ることによって、脳が活動しやすい環境を整えフル稼働させ、更には糖質の満腹中枢を刺激する働きが長時間になることで空腹感が減り、集中時の邪魔も抑えることもできます。

それでは、米1合を基準に忙しい人のための簡単すぎるライフハック。
スープとサラダ、それと鍋一つでできるリゾットのご飯3品で、集中力が養われる調理例を紹介します。自分的には2〜3日後から効果が感じられたかなという印象です、ぜひ仕事や勉強で集中する方はトライしてみてください。

【スープ】

  1. まずお湯を湧かし塩を振りコンソメスープの素を入れます
  2. 野菜をぶつ切りにしベーコンと一緒に鍋にいれ中火で煮る
  3.  最後に塩で味を整え好みでパセリなど入れて完成

【サラダ】

  1. ちぎったレタスの上にキュウリやトマトなど生野菜にドレッシングで完成 ※手間な時はサラダはなくても大丈夫

【リゾット】

  1. タマネギ、ニンニクをスライス
  2. 弱火でニンニクをオリーブオイル、バターで炒める
  3. タマネギ、しめじを入れ中火で炒め塩こしょうを振る
  4. 米を入れたら透き通るまで炒め塩こしょうを振る
  5. 酒と水200ml、スープの素、ホワイトクリーム、牛乳を入れ強火にする
  6. 沸騰する直前で中火に戻し塩こしょうで味を整え、焦げないように混ぜたり振ったり
  7. 20分程度で水気がなくなり最後に水100mlを入れ強火で煮詰めチーズを振りかけ完成

 ※タンパク質の関係でクリームリゾットにしたのだけど、牛乳が苦手な人はコンソメとトマトで、タンパク質をスープから摂れば平気です。

リゾットの材料

  • 米…1合(糖質 240kcal)
  • 牛乳…200ml(タンパク質 67kcal)
  • 野菜(たまねぎ、人参、キャベツ、レタスなどあるもの)
  • しめじ…半パック
  • ベーコン 2枚

調味料類

  • オリーブオイル(脂質 9kcal/1g)
  • ホワイトソース…大さじ2
  • バター
  • チーズ
  • 塩コショウ
  • ニンニク
  • スープの素

 ※脂質はあらゆる食品に含まれ、脂質過多にも陥り易いことから計測しませんでした。

そういえば、ぼくの知ってる実業家の方はいつも自分でご飯を作ってますし、料理することでクリエイティブな面も促進できそうです。

ソース:
NHK ためしてガッテン
teruyastarはかく語りき
文部科学省 五訂日本食品標準成分表
簡単!栄養andカロリー計算
ビタミン|栄養素116
栄養管理&食品
写真:
FotoosVanRobin
Kanko*
stu_spivack

以上、ご参考までで。
Posted : Round up

About the author
  • コメントを残す