E-commerceの売る仕組み

E-commerceの売る仕組み利用者にとって便利なE-commerceがもっと広がるよう、基本的な売る仕組みの公開です。

【売上要素】
 購入者数 x 購入金額 = 販売売上

E-commerceの売上を伸ばす為には、当たり前なのだけど売上要素である購入者の増加、または購入金額の増加を考えます。また購入者数は来店者数のある一定の水準で商品を買い物していることが分かり、購入者数を増やすためには来店者を増やすことで早期の売上確保に繋がります。

【購買率】
 購入者数(回数) / 来店者数 = 購買率

1.一回当たりの購買金額を増やす施策例
  扱い商品の価格調整(事業計画に付随)
  ポイントの導入
  商品のリコメンドや関連商品を提示しまとめ買いの促進

2.来店者を増やす施策例
  広告
  PR(パブリシティ)
  クチコミ
  会員向けメールマガジンや新着情報などの配信

来店者を増やす広告施策には、顧客の認知度や印象への作用を目的にしたブランディング広告と、会員の新規獲得や問い合わせ件数など明確な成果達成を目指す広告に分けられます。このような広告測定が行える広告は企業によってはマーケティングの範囲であったり、ダイレクトマーケティング(広告)とも言われていますが、適正な広告の手法やメディアチャンネルの選択を行うことで、自社のE-commerceに継続的に売れる仕組みを取り入れられます。

また、予め以上のような施策を盛り込んだ計画や顧客獲得単価など明確化効果目標を設定し立案しておくことで、早期段階での売る仕組みから継続的な売れる仕組みへとE-commerceのアジャイルが可能です。

Posted : Article

About the author
  • コメントを残す