Email marketing

Email marketingEメール広告の効果について、米MailerMailerが調べた2008年上半期のレポートが参考になったので下に引用します。

・Open rates 開封率
 2008年前期 13.20%
 2007年後期 13.98%
 ※HTMLメッセージ

・Click rates クリック率
 2008年前期 2.73%
 2007年後期 2.90%

・Personalization パーソナライズを行った際の開封率とクリック率
 パーソナライズなし 13.01%
 サブジェクトのみ 11.36%
 メッセージのみ 15.15%
 サブジェクトとメッセージ 15.93%

・Message Format フォーマット
 Textメッセージ 3.24%
 HTMLメッセージ 2.83%
 ※調査対象の95%のユーザーはHTMLメッセージを受信している。

・By day 最適な曜日
 日曜の開封率が最も高く、月曜のクリック率が最も高い

・Subject サブジェクトの文字数と開封率
 35文字以上 19.64%
 35文字以下 14.83%

・Links メッセージ内のリンク数とクリック率
 20以上 3.51%
 11~20 2.26%
 6~10 1.39%
 1~5 1.72%

レポートはサンプリングされた3,200の送信者から配信された、3億5千万通のメールマガジン、ニュースレターを基に作成されています。なお、レポートには各事業別の記載もありますよ。
MailerMailer
2008 Email Marketing Metrics report

テキストメールとHTMLメールの比較については、2002年10月23日に発表されたルート・コミュニケーションズの比較実験調査があり、HTMLメールの効果はテキストメールに比べて最小で0.69倍、最大で10.06倍の効果を上げるようです。
ITpro 「HTMLメールの販促効果はテキストメールの10倍にも」

以上、ご参考までで。

Posted : Round up

About the author
  • コメントを残す