JapaneseSite_PV

Advertising network

Advertising networkインターネット広告ネットワークと、2月13日に行われた宣伝会議主催のアドネットワークフォーラムについてです。

フォーラムではKandaNewsNetwork 神田さんによる基調講演の後に、メディアレップであるアドバタイジングドットコムジャパンクライテリア・コミュニケーションズアイメディアドライブマイクロアド4社の企業講演が行われました。

アドネットワークとは、一事業者が複数のメディアを広告配信対象としてネットワークを構築、広告の受注を行うサービスで、ネットワーク全体への広告配信、サイトカテゴリー別の配信、お客さまの地域やドメイン別に配信するターゲティング広告配信などのサービスがあります。
利用する広告主や代理店側のメリットしては、各メディアごとの出稿や配信のレポートを一括にまとめられることなどが挙げられ、講演ではリターゲティング広告など、ネットワークによる優位性を持たせたサービスの紹介がありました。

今後もインターネット広告では、10日に発表されたMSN、goo、ニコニコ動画、@nifty、OCN、So-net、plalaの7サイトのネット広告提携といった、媒体社によるネットワークの拡大など、各社で広告サービスの開発が進みネットワークは拡大していくと考えられます。

< 主なアドネットワークサービス >
・サイトカテゴリー別配信
・配信先の選別と最適化
・曜日時間帯別配信
・お客様環境/端末別配信
・フリークエンシーのコントロール
・動画広告の配信
・ターゲティング配信※

※ターゲティング配信とは
ウェブ上でのお客様の行動履歴や検索履歴などを基に、お客様の志向を分類し好みや興味を持っている分野の広告を表示する配信方法。
また、広告主のサイトを訪ねたことがあるお客様へ、再度その広告主の広告をネットワーク内の他サイトで表示するリターゲティング広告配信があり、メリットとして特定の分野に興味を持っている見込み客に対して、ダイレクトに広告コミュニケーションをとることができる配信サービスです。

< 関連用語 >
・CPA (Cost Per Action)
 ネット広告の成果一件あたりの費用
・CPC (Cost Per Click)
 ネット広告のクリック1回あたりの費用
・CPM (Cost Per Mille)
 ネット広告の掲載1000回あたりの費用
・CTR (Click Through Rate)
 表示された広告がクリックされた割合の示す指標
・IMP (Impression)
 サイト内広告表示回数

記事参考サイト:
D.A.Consortium
IT用語辞典 e-Words

以上、ご参考までで。

Posted : Article

About the author
  • コメントを残す